ダイヤワックスは高いのか?

2019年5月4日

 表題は誤植ではない。巷で話題の(?)SPASHANのタイヤ用ワックス「ダイヤワックス DIAWAX」の話である。

公式販売ページによると

スパシャン ダイアワックス 200ml


天然ダイヤモンドが入った超高分子タイヤワックス!! 
天然ダイヤモンドとパール配合で太陽光が当たると、さりげなくキラキラ☆☆ 
油性ですが超高分子シリコンによりタイヤにノーダメージどころか
ひび割れなどの劣化からタイヤを保護します。
保管時の保護にも最適です。
超高分子化により雨に強く、紫外線からタイヤを守り、油分抜けを防ぐのはもちろん、
2ヶ月耐久の艶を実現!!

 と、ある。
 タイヤ用ワックスに天然ダイヤモンドやらパールが必要かどうかはよくわかないが、油性の高耐久ワックスであることがわかる。200mlで¥4,000程度。決して安くはない。

1日立置きした結果、沈殿物(ダイヤモンドとパール?)がたっぷり

 筆者は、今までホームセンターブランドのスプレー缶タイプの泡クリーナー兼タイヤワックスを使用してた。1缶¥300程度。洗車の度に使用していたが、2,3回使用できた。つまり1回(タイヤ4本施工)あたり¥100~¥150程。
 一方、ダイヤワックスは1回の施工で塗布に使用するスポンジ等によるが、キャップ1杯も使わない。5ml~10ml程度だろうか?
   ¥4000÷200ml×5ml=¥100~¥200
 と、今まで使っていたスプレー缶と変わらないようだ。
 業務用20リッターで¥9000等と比較したら、高コストは間違いないが、十分許容範囲内だと思うのは筆者だけだろうか?

画像ではわかりにくいが、確かにキラリと光るモノがある